くすのき茶屋「花屋敷」のブログ › 

花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

2017年09月16日 09:19  カテゴリ:スタッフ日記カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

鯉の病院 病気に薬を塗って治療します




花屋敷の庭には錦鯉が沢山泳いでいます。

みよし池から流れてくる井戸水で循環・ろ過しながら池の管理をしています。








これだけ沢山の鯉がいると 順番に病気や怪我をします。








春先になると 一番病気を発症しやすい季節になるので 大量の塩を水に溶かし 鯉の体を殺菌消毒するのです。







夏場を過ぎて まだ鱗にキズがあったり 白点病やカビ、尾グサレ病になっている鯉は 体に直接 薬を塗ってケアしてあげます。









大きなタモで捕まえて 病気のある鱗を取り除いてやり 薬を塗ります。

早く元気になってね~~






花屋敷にいる沢山の鯉たちを管理し お客様に喜んでいただくために 美しい日本の国魚 錦鯉を育てています。

お部屋でエサをあげれる【鯉の部屋】は大人気のお席です。

是非、花屋敷の鯉たちを 見にいらして下さい。


花屋敷hiro☆ミ  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(0)

2017年09月13日 14:00  カテゴリ:スタッフ日記カテゴリ:ピレニーズわんことその仲間達カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

夏も終わりですね☀︎

エアコンなしでも充分な
気候になりましたね

夜は少し肌寒いくらい。
快適だわ〜



ここから見える景色は季節によって全然違うからとっても綺麗。

のんびーり錦鯉を見ながら
もうすぐ紅葉だなぁと思う午後2時でした。( ´艸`)



nano  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(0)

2017年08月22日 09:32  カテゴリ:お料理紹介カテゴリ:祝い席・慶事カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

古稀のお祝い お庭の見える鯉の部屋でお誕生日会



紫のちゃんちゃんこ せっかくだから着て記念撮影…

と、ちゃんちゃんこの袖を通すと

「じいちゃん 前もそういうの着てなかったかー?」って。


前は赤いちゃんちゃんこだから 還暦のお祝い
10年前のこと。

お孫さんがまだ小さなころだけど記憶に残っているということは 印象深いんでしょうね。







お祝い膳、豪華な盛りつけ 喜ばれていました。








お庭に出てお孫さんと一緒に鯉の餌やり、この日はお天気もよく楽しい風景です。






お店からも お祝いデコレーションしてデザートのプレゼント。





花屋敷には初めてのご来店でした、おめでとうございましたm(__)m


花屋敷hiro☆ミ  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(0)

2017年08月18日 21:02  カテゴリ:スタッフ日記カテゴリ:ピレニーズわんことその仲間達カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

花屋敷のカワイイうなぎちゃんご存知ですか??

花屋敷のトイレの前にはうなぎちゃんが
3匹います(*'▽'*)♪



どこにいるの〜?いないじゃん〜とよく聞かれますが、、

ここによくいますよ〜〜!


どどん。



探してみてくださいね〜〜♪(*^^)v

nano
  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(0)

2017年07月23日 20:05  カテゴリ:スタッフ日記カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

メダカの赤ちゃん 産まれました♪



お店の入口横にある壺で密かに育ててたメダカちゃん
よく見ると 卵がいっぱい付いてました♪

食べられちゃうといけないので
移し替えて・・・




孵化しました!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ほんっとにちっちゃくて肉眼でみえるかみえないかぐらい




是非 みにきてください(*'▽'*)♪

nano  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(0)

2017年07月09日 09:12  カテゴリ:祝い席・慶事カテゴリ:ピレニーズわんことその仲間達カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

結婚記念日のお祝い 鯉の部屋とピレニーズ




「前にピレニーズを飼ってたんです」と、お仕事でいつもお世話になっている方が 結婚記念日のお祝いでお食事に来てくださいました。







入荷したての 馬糞ウニ、登別から直送され生きたまま ご提供。

今が旬です!トローリ 甘いクリーミィなウニ。






ご飯もののお寿司には ヒラメの縁側で【縁結び】

♡ハートいっぱいのデザートです。







お仕事がご縁でのご来店でしたが 何かのきっかけで 花屋敷とご縁が出来てつながりができる、とても嬉しいことです。

可愛い奥さまと素敵な旦那様、末長く仲良くお幸せに。

お二人の大切な記念日に花屋敷を選んでくださり、ありがとうございましたm(__)m



花屋敷hiro☆ミ  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(0)

2017年06月06日 16:37  カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

連休明けから また池を一つ造作し始めました!

日本発 国魚の錦鯉、泳ぐ宝石と言われる程の 美しい鯉に魅せられて!



元々は 1トン程の池になっては居たのですが、1トンでは 大き目の鯉が入れられず

この夏に向けて 8トン位まで広げる工事を始めました、


傷んでいた 壁も新たに張り替えて、池は画像左側まで 土のところ掘れるだけ掘ります、

後は深さの問題なんです、浅くていいなら 運び出す粘土つちも少なく済むし

深く掘れば深くするだけ 運び出さなくてはなりません、鯉にとっては 深さ1メートル程有ればヨシ、

なんですが、水量が多ければ多い程 鯉の成長には適してるとなると 出来れば深く掘りたい、

目標3ヶ月後の完成を目指します、秋にはまた野池預かりの今年買った鯉が帰ってきますので、

それまでには完成させます。 今年は ミラクルな希少の一本を購入しましたので、楽しみにしてて下さい!

花屋敷 代表 KAZU  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(0)

2017年04月30日 19:03  カテゴリ:スタッフ日記カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

豊田市情報! 鯉マニアにはワクワクな時期、鯉の洋平さん大売り出し!

毎年毎年 ゴールデンウィークには 錦鯉生産者では大売り出しを開催します。

昨年産まれた 一歳の鯉(当歳)が 冬中ボイラー焚いて餌をやりまくり 今35センチ〜40センチ

それを 自分の気に入った鯉を選びます、そして今年秋まで野池と言う自然の池で飼育

そうすると 50センチ〜60センチオーバーなんて 希少な鯉に仕上がります、

はたまた残念だと 死んでしまい 無(む)になる事も有り得るのですが、それを自分の目利きで選んで楽しむ

昨年から 覚えた鯉マニアの楽しみ方です! 昨日から開催してます、

来週も旗日には 店頭にプール出して 即売会ですよ〜 是非鯉マニアさん 一度見に行って下さいね。










早いもの勝ちです、先にコレっーーって決めた人がその鯉のオーナーになれるのです、

色形 自分がビビっと来た鯉に出会えるといいですね、ぼくは この紅白にビビビビっと来たのです




良い鯉に仕上がってくれるといいなぁー


花屋敷 代表 KAZU  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(0)

2016年12月21日 09:21  カテゴリ:ピレニーズわんことその仲間達カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

動物好きなお客様 大歓迎!大型犬グレートピレニーズや錦鯉




花屋敷のお庭には 沢山の錦鯉と 看板犬のグレートピレニーズが三頭います。


個室の床下に鯉が入ってきて餌やりができる
通称【鯉の部屋】があり 座敷にも椅子席にもなるため お子様からご年配の方にも大変人気です。







「今日はワンちゃんに会えますか?」と毎日リクエストいただくので お庭でお客様と触れ合っていただけます。






中国から日本に来ている 一才半の みみちゃん。
ワンちゃんも鯉も大好き、お庭で遊ぶ可愛い様子です。









「最近、花屋敷にはまっちゃって!」と名古屋から毎週ご来店のご家族。

バーニーズを飼ってる大型犬好きな娘さんたちは ずっとお庭でピレニーズと触れ合い。





鯉が大好きなパパはお土産に鯉の赤ちゃんを。お宅の水槽で飼うんだって!






飲食店で動物?!? とふれ合う…
少し抵抗のある方もおみえになるかもしれませんが、花屋敷は 飲食店とひとくくりにするのではなく
花屋敷は【お客様の癒しの場】でありたい、と考えています。

お食事だけでなく 心が癒され思い出に残るお集まりの空間を提供したいと思っております。


花屋敷hiro☆ミ  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(3)

2016年12月08日 16:32  カテゴリ:花屋敷の国魚・泳ぐ宝石錦鯉

国魚錦鯉の池上げです、豊田市小坂の鯉の洋平さんで初参加させてもらいました

11月に入り 錦鯉の預かりと言う、鯉マニアの遊びを 人生初の参加させて頂いて、僕の春に買った鯉と再会です。

(この子が春に僕の選んだ鯉です)

鯉は 我が花屋敷のようなコンクリート池では成長にも限界があるのです、

生産者様は 野池と言って そこらへんにも有る ため池で 酸素を入れて 薬を入れて 餌を沢山与えて

自然界で大きくするのです、夏の成長する期間にガッツリ餌を食べさせて 秋口に池上げと言う大イベントなのです









水を抜き、網を手繰り寄せながら 一匹残らず捕獲するのです、手作業では危険 間に合わず、



大型クレーンから トラックも二台で鯉を運びます、そして僕の鯉が コレです


春に写真に模様を写真に納めておくので 照らし合わせればまず間違い無く解るものなのです


良いものは すごく良い鯉に化けるんです、でも運が悪いと 死んだり 喰われたりで上がってこない時もあるんです








とても勉強になり、楽しかった経験でした。
  


Posted by 花屋敷みよし │コメント(0)